浮気・不倫・素行・行方調査・盗聴盗撮発見・お悩み相談

探偵・興信所|総合探偵社ガルーエージェンシー中国・九州ブロック

【心霊探偵】あり得ないミス連発の看護師!先輩の嫌がらせか!?【実体験】

更新日:

知り合いに霊感の強い女の人がいます。2人姉妹で、お姉さんは看護師をしています。
その日も、朝から病室の片づけをしていました。シーツの取り換えには特に気を配り、ピンッと張った真っ白なシーツを見るのが好きでした。
片づけを終え、詰所に戻ると婦長さんに呼ばれました。

「何なのこれ。シーツがグチャグチャじゃない、もっとキチンとできないの!」

ついさっきあれほど気をつけて端々までピンッと張ったはずのシーツが、まるでワザとのように皺が寄り、端が捲れ上がっています。
なぜこんな風になったのかはわかりませんでしたが、婦長さんの剣幕に「すいません…」と謝ることしかできませんでした。

その日から不思議なことが続きました。シーツだけでなく、準備していた注射器が全部床に転がっていたり、配ったはずの薬が消えてしまったり。

どんなに気をつけていても、有り得ないミスが起こります。自分はこの仕事に向いてないんだろうか、と思い詰める日々でした。
そんなある日、片づけを終え、外に出ようとした瞬間、突然人の気配を感じました。
そこには、見たこともない薄いピンク色のナース服を着た、若い女の看護師が立っていました。
その看護師は、綺麗に整えたばかりのシーツを両手でグチャグチャに掻き乱し、ゆっくりとこちらを見て、薄っすらと笑うとフッと消えてしまいました。

その夜、婦長さんに見た通りのことをありのまま話しました。

「そう…あの娘だったのね。あなたがここに来る何十年も前のことだけど、若くして亡くなった看護師がいたのよ。前から何人も姿を見たという噂が絶えなかったけど、あなたが見たというナース服は、あなたが生まれる前に使われていたものだからあなたが知っているはずないものね」

その話を聞いたお姉さんは病室に戻り、誰もいない部屋の中で手を合わせて祈りました。

あなたの分まで、必ず一生懸命患者さんのために尽くします。

その日を境に、不思議な出来事は起こらなくなりました。

著者

総合探偵社ガルエージェンシー米子
総合探偵社ガルエージェンシー米子
開業から13年のベテラン支社。境港市、大山町、琴浦町、倉吉市、鳥取市、伯耆町、島根県松江市などを含む鳥取県西部全域にて主に活動中。全国上場企業や金融機関、弁護士や司法書士などの士業関係者からの信頼が厚く、多数依頼を受けている。
鳥取県米子市両三柳325-2 アーク三柳A-1
探偵業届出番号 鳥取県公安委員会 第70070002号
TEL:0120-24-9520

-コラム, 鳥取県

Copyright© 探偵・興信所|総合探偵社ガルーエージェンシー中国・九州ブロック , 2017 All Rights Reserved.